小説『狂人失格』で中村うさぎが訴訟を起こされる!?

4c726108-s

 

 

中村うさぎさんの小説『狂人失格』の記述で名誉を
傷付けられたと、2013年に登場人物のモデル女性が
訴訟を起こしました。

 

 


 

 

大阪府高石市の40歳のモデルと女性は、中村うさぎさんと
発行元の太田出版を相手に1000万円の慰謝料を求めるという
事態になりました。

 

 

2007年にこの女性をモデルにした小説『狂人失格』が
出版季刊誌に連載し、2010年には単行本化されたのです。

 

 

女性はブログで中村うさぎさんとの付き合いを書いているので、
多くの人にモデルであることが知られていること。
また電波女、愚かしいほどナルシスティックな裸の女王などと
女性を表現したことについて名誉棄損に当たると損害賠償が
認められました。

 

 

モデルのある小説であり、その小説の中でモデルである女性を
愚弄したと言うことで、名誉棄損が当てはまるということ
だったようです。
ここでは100万円の損害賠償ということでやっと収りを
見せました。

 

スポンサーリンク

中村うさぎの過激な半生

 

 

中村うさぎさんというと50代後半にもなる1958年生まれ、
福岡生まれで買い物依存症や整形、ゴミ屋敷など
カミングアウトをしたとしても有名な小説家です。

 


 

またちょっと前には生死をさまよう病に倒れ、
やっと今また元気を取り戻してきたという、
なかなかタフな人生を送っている作家としても有名です。

 

 

これからもまた過激な小説を書かれるのでしょうか。
確かに女性の本質を彼女独特な切り込みで書かれている
ものが多くいようです。

 

 

大病を克服して、ますますタフになって毒の強い小説を
書いてくれるのではないでしょうか。

 

    None Found
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

フルファスト