ジェンティルドンナの父はあのすごい○○だった!

012_133

 出典 horsememorys.sakura.ne.jp

 

 

ジェンティルドンナは日本の競走馬ですが、牝馬三冠
成し遂げたとしてその実力はすごいものがあります。
そしてジェンティルドンナのこそあのディープ
インパクトだったのです。

 

 

つまりジェンティルドンナは父のディープインパクトと
ともに史上初の親子三冠だったのです。

 

 

ジェンティルドンナとはイタリア語で貴婦人と言われ
ています。
親子で三冠となったということでも、さすが父ディープ
インパクトの血はすごいということではないでしょうか。

 

 

2011年に2歳馬で京都競馬の新馬戦で一番人気、
そして1戦目は2着となるものの、2戦目には1着でした。

 

 

最初から実力を見せつけたジェンティルドンナはさすが
ディープインパクトの子どもだという信頼もあって
人気もすごいものでした。

スポンサーリンク

超えられない父の壁

 

 

しかしその父の名を汚さずに最後まで立派に走り続けた
ジェンティルドンナです。
父であるディープインパクトは、こんなにすごい馬が存在
していいのかと、多くの競馬ファンが思ったことと思います。

 

 

負けるということを知らない天才馬だったディープ
インパクトは、さすがその血を引くジェンティルドンナも
超えることはできない奇跡の天才馬だったのです。

 

 

あまりにも凄すぎる父を持ったジェンティルドンナですが、
イタリア語で貴婦人という名のとおり素晴しい名馬となったのです。

 

 

年度代表馬とは新聞や放送の担当記者の投票で全体の
3分の1以上になった馬に贈られます。
2012年には年度代表馬にも選出されました。

 

 

三冠牝馬としては初、ジャパンCで優勝をしたのも2012年でした。
主な勝ち鞍にはドバイシーマクラッシック(2014)、
ジャパンC(2012)、桜花賞(2012)、シンザン記念
(2012)、秋華賞(2012)、優騎牝馬(2012)などが
あります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

フルファスト