夜空にゴジラ座なんてあるわけないと思った・・・

go

 

 

日本の怪獣で、世界でもっとも有名な怪獣であるゴジラ
ファンも多く、ハリウッドでも映画化されています。

 

 
うちの子供たちも大ファンで、ゴジラ映画のDVDは
飽きるほど見てます。
ゴジラのフィギュアも大きいものから
掌サイズの小さなものまでたくさん持っています。

 

 
このゴジラがなんと星座になったというニュースを
聞いて、正直本気にはしてませんでしたが、
実は結構大真面目にゴジラ座が誕生したようですね。

 

 
なんでも、フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡搭載の観測衛星の
打ち上げ10周年と新たに3000以上の天体を発見したことの
記念として、新たに星座に認定するために作ったとのこと。

 

 
選定の理由は、高エネルギーの星の周りで発生している
「ガンマ線バースト」がゴジラの口から放射される
あの放射熱線に似ているということからだそうです。

 

 
天体を観測していたら、熱線が放射されているように
見えて、熱線を放射してるといえばゴジラだ!
ということでゴジラ座を作ったということでしょうか?
だとしたらNASAには相当なゴジラおたくがいるようですね(笑)

 

 

ちなみに今回ゴジラ座の足元には富士山座も作成されました。

fuji

東宝は「日本史上初の快挙」だと言ってます。

 
東宝は飛び上がるほど嬉しいでしょうね。世界中の夜空に
ゴジラの看板が掲げられたようなものですから(笑)

 

 
ゴジラ座が出来たことで、今まで宇宙や星座にかんして、
親子で話をすることなんてほとんどなかったんですが、
ゴジラ座のおかげで今回はたくさん話が出来ました。

 
子供たちの興味を宇宙にひきつけるには最高のアイデアですね。

 

 

 

    None Found
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

フルファスト