成人式・ 始まりと由来について

PAK85_seijinsikikeitai20140113-thumb-autox1600-16595

 

成人は現在の日本では20歳からとなっています。
しかしこの考え方はとても歴史が浅く、
第二次世界大戦が終わってからの1946年からと
言われているのです。

 

1946年というと戦後の大変な社会状況の中で、
大人たちは将来を担う青年たちに未来を託した時代でした。
そして青年たちにこれからの日本をしっかり担って欲しいという
気持ちがあった時代。

 

そんなときに当時の埼玉県蕨町、現在の蕨市で始めた
青年祭を成人式と呼んだことから、全国に広がったと
言われています。
この行事はとても人気があり全国的にどんどん広まり、
若い人たちをねぎらい未来の日本のために気持ちを託したのです。

 

その頃は1月15日を成人の日として、
どこの都道府県、市町村でも行われていましたが、
現在は第2月曜日に決められ連休となっています。

 

もともと大昔から元服という、今でいう成人式のようなものが
ありましたが、それは16歳になった男子が
髪型を大人の髪型に変えて、いわゆる成人式とも言える
儀式を行ったのです。

 

鳥帽子をつけるようになると、元服のことを鳥帽子式と
呼んだ時代もありました。
男子だけで女子にはそのような元服の儀式はありませんでしたが、
裳着(もぎ)という通過儀礼的なものは存在していました。

 

もちろんこれらができるのは地位の高い家の子どもたちだけで、
町民などはこれらの儀式はありませんでしたが、
この儀式が終わると化粧をしたり眉を剃ったりすることも許され
結婚もできるようになったのです。
子どもが成長して大人になったという喜びの儀式として
おめでたいとされていました。

 

 

    None Found
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

フルファスト