話さずにいられない!宮藤官九郎作品のドラマの人気の秘密

kudo

 

 

宮藤官九郎さんというと、やっぱり名脚本家ということは
今や多くの人が認知していると思います。
特に宮藤官九郎作品をあまり知らなかった人にとっても、
NHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」人気で知られることに
なったのではないでしょうか。

 

あまちゃん 動画はこちら

 

 

宮藤官九郎作品の魅力は、いわゆる普通のドラマのように
何か特別な人のお話ではなく、一般のなんでもない庶民の
1人が、そしてその周りを取り巻く人たちが中心になっている
ドラマだということです。

 
主人公はヒーローではないという、見る人と同じ目線の
主人公である楽しさがあるのではないでしょうか。

 

 

官九郎さんの4年ぶりの映画監督、脚本を手掛けた草彅剛さん
主演の「中学生円山」も独特の官九郎の世界というものが
楽しめたのではないでしょうか。

 

 

「木更津キャッツアイ」、「タイガー&ドラゴン」でもどれも、
みんなどこかカッコ悪いところを引きずった人間こそ、
カッコ良さが隠れているという、見ている一般のわたしたちを
元気にしてくれるものばかりです。

 

木更津キャッツアイ 動画はこちら

 

 

クドカンというニックネームで若い人からお年寄りまで
愛されるドラマや映画を作り続けてくれている人気作家
なのです。

 

スポンサーリンク

誰でも一度は目にしてるクドカンのドラマ

 

 

ほかにも「マンハッタンラブストーリー」「流星の絆」
「吾輩は主婦である」「池袋ウエストゲートパーク」
「未来講師めぐる」「うぬぼれ刑事」「僕の魔法使い」など、
一つは印象に残っているものがあるのではないでしょうか。

 

 

まったりした夫婦像がなんとも魅力的だったり、なんだか
めちゃくちゃ感がなんとも楽しいドラマがいっぱいです。
そこには普通の人間なら当然のどこか間抜け。
そして深刻な問題にぶつかっているのに、深刻なことほど
完ぺきにはなれない人間のおかしなところなども上手に
見せてくれます。

 

 

本人は真剣でも他人から見ていると、それがとても滑稽
だったり間抜けだったり、そんな人間らしい人間に対して
「それでいいんだよ」とドラマを通して言われているような
気持になります。
そんな魅力のあるクドカンのドラマは、わたしたちの心を
しっかりつかんでいるようです。

 

    None Found
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

フルファスト