高畑充希×岩田剛典がピュアな二人を演じた・映画『植物図鑑……』

0f94d1178265898e96a50e201786acfc-760x507

 

 

有川浩さんベストセラー恋愛小説が、
高畑充希×岩田剛典の主演、『植物図鑑 運命の恋 ひろいました』
が公開され、大きな反響が!

 

ただ甘いだけの恋愛小説とはちょっと違う、もっとピュアな恋を
かたちにしたような映画だと言われています。
ポエムのような空気感のある映画ですが、そこにはリアルな生活があり、
リアルな人間の感情もしっかり描かれています。

 

この映画は、本当の恋ってこんなに素敵だったんだという再発見
させてくれたような映画でした。
公開された初週週末の興業収入は3億4204万円と邦画第一位とのこと。
どれほど多くの人がピュアな恋を求めているのかが伺えるのでは
ないでしょうか。

 

『深夜食堂』『南極料理人』など食を中心にしたものも大人気。
やはり食はすべてにつながるのかも知れません。
わたしたちは食べることで生きている生き物です。

 

そしてどんな人でもやっぱりおいしい物を食べれば
笑顔がこぼれるのではないでしょうか。
また死ぬ間際になっても最後にあれが食べたいという気持ちが
浮かぶと言われています。

 

それほどわたしたちの様々な感情と食はつながっているのです。
そんな食事を好きな人と食べたくなるのは当然。
しかしそんなことを忘れてしまっている現代社会ですが、
この映画はそんな最高に素敵なことを教えてくれているのでは
ないでしょうか。

 

どこにでもいるような女の子に、ある日突然起こる素敵な体験。
そして甘くほろ苦い素敵な恋。
誰もがあこがれてしまうような恋を、食というものと結びつけた
映画です。

 

食に対する感謝、食の素晴らしさ、そして食事こそ
世界一好きな人と食べたくなる気持ちになった人も多いのでは?
映画館から出たら、素朴な料理やほっこりした料理など、
暖かさを感じる料理を大好きな人と一緒に食べたくなるのでは
ないでしょうか。

 

わたしたち人間にとって恋も食も本当に大切なものなのだと
いうことを今まで特に意識もしていなかった私も
考えさせられてしまいました……。

 

    None Found
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

フルファスト