安田顕・北野映画について話す

A4021_jpg

 

 

安田顕さんというとヤスケンと言えば知っている人も
多いかと思いますがとても渋い素敵な俳優さんです。
映画『龍三と七人の子分たち』という北野武監督作品に
初出演されました。

 

 

主役の龍三を演じるのはあの渋さ100%の藤竜也さんですが、
その龍三と対決する組織の長を安田顕さんが演じています。
彼曰く「じじい」役のベテランの俳優に囲まれて、
相当刺激を受けたとのこと。

 

 

北野監督の現場はとにかく緊張感がいっぱいの空気であったと、
そのときのことを楽しそうに安田さんは語ったと言われています。
北野監督独特のユーモアの世界と、やくざの世界とを合体させた
武ワールドの映画ができたとのこと。

 

 

北野監督をはじめ、藤竜也さんや近藤正臣さんなど、誰もが大先輩
であり芸能界の大御所ということで、安田さんは当然緊張されて
いたようです。
しかしそれがまたとても心地よい空気で、大御所たちの
しゃれっ気や色気がとてもすごかったと、目を輝かしながら
安田さんはインタビューで話されています。

 

 

安田さんももちろん相当おしゃれで色気のある俳優さんだと
思いますが、やっぱり大先輩の魅力には圧倒されたようです。
そしてそんな大先輩のように、いつか自分もなりたいと思った
そうです。
確かにすごいメンバーのようなので、映画を観るのがとても
楽しみです。

 

 

また北野監督はテレビで見るお笑いのイメージとはまったく違い、
的確に「ここはこうしてください」「ここは省いて端的にしてください」
というようにポイントだけを明確に言ってくる物静かな人だった
とのこと。
安田さんにとっては初めて監督である北野武さんを近くで感じ、
大先輩たちの刺激を受けて素晴しい体験をしたとのこと。
早く、映画を観たいものです。

    None Found
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

フルファスト