喜多嶋舞は母親としてどうなの?

mai

 

 

喜多嶋舞さんは、離婚した大沢さんとの間で長男の
DNA検査についてのトラブルを起こしていますが、
なんだか喜多嶋舞さんの男性遍歴がとやかく言われ
ているようです。

 

 

しかしそんなことはとやかく言う方がおかしい
のではないでしょうか。
それぞれ人によっていろいろな人生があります。
しかしそれによって長男のDNAを検査しろという
元夫の大沢さんもなんとなく好感が持てなくなって
しまいました。

 

 

どちらもそんなことを今さら言ってどうなるので
しょうか。
まして芸能人だったら日本中にそれが知られて
しまいます。
それで傷つくのはいったい誰なのでしょう。

 

 

そのことを考えたら、そんなことがよくできたいなと
子どもを持つ親として考えてしまうのです。
芸能人でもそんなことを話題にすること自体もう3流、
4流だとわたしは思ってしまいます。

 

スポンサーリンク

子供の気持ちを一番に考えてほしい

 

 

二人の関係や喜多嶋舞さんの男性遍歴はどうでも
いいことですが、長男はどのような気持ちになって
いるのでしょう。

 

 

回りの大人のあまりのひどい行動に人としても
悲しくなってしまいます。
その上父親らしき元芸能人まで出てきて、いろいろなところで
自分の子どもだと吹聴しているとのこと。

 

 

まったく揃いも揃って大人たちはどうなっているの
でしょう。
あまりにもお粗末な大人ばかりのトラブルに
あきれるばかりですが、やはり長男はとても
可愛そうです。

 

 

しかしこのトラブルを見ていてとても感じたことは、
みんな自分のことが一番で自分のことばかりを考えて
いる
ということ。

 

 

これで、子育てを男手で頑張ったと言えるので
しょうか。
子どもを育てると自分より大切なものがあることに
気付きます。

 

 

それは子どもが教えてくれることなのです。
そうして自分より人を大切にすることもだんだん
気づく人も多いはず。

 

 

もちろん子育て経験がなくても、しっかり成長している
人はちゃんと自分中心の寂しい考え方はなくなって
いくはずです。

 

 

しかしこのトラブルに登場している大人は、本当に
情けないほど自分中心で自分のことばかりを考えて
いるように聞こえてなりません。
せめて早く忘れてあげましょう。

    None Found
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

フルファスト