マッサンこと竹鶴政孝のウイスキー愛とは

 

 

マッサンこと竹鶴政孝はウイスキーづくりの理想郷として決めたのは、リタ婦人の故郷のスコットランドに似ている余市でした。

 

 

 

マッサンという呼び名は、リタ夫人にとって
「マサタカサン」という発音が難しかった為に
マッサンと呼ぶようになったそうです。

 

 

 

マッサンこと竹鶴政孝はウイスキー作りに一生を
懸けた人でしたが、リタ婦人に対しては当時と
しては珍しいほどの優しい男性だったようです。

 

 

 

日本で本物のウイスキーを作る夢をもった
マッサンこと竹鶴政孝はスコットランド留学中に
リタ婦人と出会い、大恋愛をし、そしてマッサン
こと竹鶴政孝は日本でのウイスキーづくりに一生を
ささげたのです。

 

 

 

そこにはそのウイスキーづくりのマッサンこと
竹鶴政孝の夢を支えたリタ婦人の愛情もあった
のです。

 

 

rita

リタ夫人

(出典 http://lalalala.jp/)

 

 

 

スコットランドに残ってもかまわないという
竹鶴政孝の言葉に、リタ夫人は

 

「私は、あなたの夢をともに生き、お手伝いしたいのです」

 

といいました。後に人々から、日本人以上に日本人らしい
といわれた、このリタ夫人の支えがなければ、
竹鶴正孝の夢は、叶わなかったかも知れません。

 

 

 

ウイスキー作りには一切の妥協をせずに夢を
追い続けた、マッサンこと竹鶴政孝の情熱で
ニッカウイスキーを作り出したのです。

 

 

gallery_yoichi_b2_1_l

余市蒸留所

(出典 http://www.nikka.com/)

 

 

 

多くの日本人に本物のウイスキーを飲ませたいと
いうマッサンこと竹鶴政孝の夢が、今の日本の質の
高いウイスキー作りにも大いに影響しているのでは
ないでしょうか。

 

 

 

ウイスキーは今、日本でも美味しい本物が作られる
ようになりましたが、その生みの親こそがマッサン
こと竹鶴政孝だったのです。

 

 

 

今では本場ヨーロッパより日本の方が美味しい
ウイスキーを作ることができるほどになって
いるのも、このマッサンこと竹鶴政孝の夢から
始ったことだということではないでしょうか。

 

 

 

「頭の良い日本の青年が、万年筆とノートで
ウイスキー作りの秘密を盗んでいった」

 

英国首相にこのように言わしめた、マッサンの情熱。

 

 

 

未来を切り開く力は本当に素晴しい結果を生む
ことにもなると、わたしたちも教えてもらった
気がします。

 

 

そして素晴しい夢と愛のかたちがマッサンこと
竹鶴政孝とリタ婦人とウイスキーの物語なのでは
ないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

フルファスト