天才サッカー選手・久保建英の父親について・学校は?

kubo

 

 

天才や神童とも言われている久保建英さんについて
まとめてみましょう。
久保建英さんはたった9歳で、世界的名門バルセロナ
認められた実力の持ち主です。
そして帰国してからはFC東京ユースで活躍しているという
現在。

 

 

今までの日本人選手の中でも、このようなことは
なかったことなので、彼の凄さに多くの人が期待を
寄せているのです。

 

 

久保建英さんの父親・久保健史の著書から久保建英さんの
ことがいろいろ分かってきます。
お父さんは筑波大学体育専門学群を卒業したサッカー部の
OB
とのこと。

 

 

今はミサワホームのサラリーマンをしています。
大学在学中には地域の少年サッカーを指導したという経歴が
ありますが、本格的なサッカー指導は特にしていなかった
とのこと。
この著書は「おれ、バルセロナに入る」と言うサッカー好き
の人ならちょっと覗いてみたい著書となっています。

 

 

はだしで外遊びをさせる、ベビーカーを使わない、
リビングにソファを置かない、テレビを魅せない、
絵本の読み聞かせは週20冊。友達のところに1人で止まらせる、
いろいろな子どもと遊ばせる、おもちゃは家にない、
自然の生き物とたくさん触れ合わせるなどのお父さんの教育もしっかり書かれているものです。

 

 

これはこれから英才教育をしたいと思っているお父さん、
お母さんにも興味のある本となりそうです。
しかし最終的には、ここまで建英さんがやってこれたのは
彼の才能があったからだと書かれています。

    None Found
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

フルファスト