満天青空レストラン・簡単サバの糠漬けの作り方

0145

 

 

毎週土曜日、18時30分からの人気番組
2015年4月18日に放送予定の『満天青空レストラン』では、
サバの糠漬けをみんなで堪能しています。

 

 

もともと「へこし」としてサバの糠漬けが食べられていた
福井県美浜町。
若狭湾を望む美しい町に昔から食べられているのが
この「へこし」なのです。

 

 

サバというと、とても腐りやすいことでも知られている
青魚ですが、これを保存できるように、作られていたもので、
和製アンチョビーとも言える深みのある味!

 

 

スパゲッティーにももちろんピッタリですが、
昔から食べられている方法のお茶漬けも大人気だと
言われています。

 

 

そして同じ発酵食品同士、チーズとへしこを混ぜた
「へしこチーズ」は、宮川大輔をはじめゲストも驚きの味とのこと。

 

 

ご飯にも酒のつまみにもピッタリで、和風にも洋風にも
美味しく食べることができるそうです。

 

スポンサーリンク

鯖の糠漬けの簡単レシピ

 

 

さて、そんなサバの糠漬けの簡単な作り方をご説明しましょう。
新鮮な鯖を3枚におろしてもいいし、頭と内臓を取るだけでも
OKです。

 

 

血合いはきれいに取っておきましょう。
塩をして約2時間冷蔵庫に入れておきます。
それから塩を払って、糠床に入れて1日で出来上がります。
24時間たったら、糠を払って焼いてみましょう。

 

 

何とも独特の味は鯖好きだけでなく、多くの日本人の心を
掴みそうです。
そしてチーズと混ぜて是非食べてみましょう。
驚くほどの美味しさを堪能してみては?
簡単にできるので、新鮮な鯖が手に入ったときには是非作って
みてはいかがでしょう。

 

    None Found
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

フルファスト