日本神話・国作りについてのあらすじ・簡単にご紹介

9

 

 

日本神話には国が作られたところから、さまざまなお話が始まります。
日本人として神話の国作りについて、簡単に知っておきませんか。
そこで国作りについてのあらすじをざっくりとご紹介しましょう。

 

まずどろどろした世界に風が吹き天地が分かれ、
そして天地が現れ三柱の神が生まれました。
神は1人、2人とは言わず、一柱、二柱と数えます。

 

そしてその三柱は天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)、
高御産巣日神(タカミムスヒノカミ)、
神産巣日神(カミムスヒノカミ)
と言い
宇宙神とも言われています。

 

日本の国がまだどろどろで形もできていなかった頃、三柱にプラスして
宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコヂノカミ)、
天之常立神(アメノトコタチノカミ)
という二柱の神が生まれ、
全部で五柱の神が生まれたのです。

 

この五柱こそ天つ神(トコアマツカミ)と言われ特別な神様となります。
これらの神はすべて独神で身を隠されます。
そしてその後二柱の独神の神が生まれ、また身を隠し、
次の代には四対八神も誕生。
そして最後に多くの人が聞いたことのある伊耶那岐神(イザナギノカミ)と
伊耶那美神(イザナミノカミ)
が生まれました。

 

伊耶那岐神と伊耶那美神は地上に降りて、於能碁呂島(オノゴロシマ)
を固めます。
そして天の御柱の周りをめぐり結婚の儀を交わしますが、
イザナミがイザナギの姿を見て感嘆の声を上げると、水蛭子(ヒルコ)と
淡島(アハシマ)
が生まれ、葦舟に乗せて天上の神の元に返されます。

 

つまり結婚の儀式がうまくいかずに子どもができたが流れてしまった
ということなのです。
そこでもう一度結婚の儀式を行ってみると今度は
淡路島、四国、九州、隠岐島、壱岐島、対馬、佐渡島、本州の国生みに
成功します。

 

他にも岩、海、風、山、野、五穀などの神様も生むことができたのです。
しかし火の神、迦具土神(カグツチノカミ)を生むことで、
イザナミは焼死をしてしまいます。

 

その体からは鉱山、粘土、水などの神が誕生。
他にも雷神や峡谷などの神も誕生します。
黄泉の国へ行ってしまったイザナミを追ってイザナギも黄泉の国へ。

 

しかし黄泉の国のものとなってしまったイザナミは怨霊となって
イザナギを逆に追いかけることに。
そしてイザナミはイザナギの国の住人を1日に1000人殺し、
イザナギは1500人誕生させるということで対抗したのです。

 

つまりイザナミもイザナギも神や国を作ることができる神と
いうことになります。
この辺になると人間的な考えではなかなか理解できないことにも。

 

黄泉の国から逃げてきたイザナギは汚れを落とすために小川で
体を洗いますが、衣類を脱ぎ水に入るだけで十二柱の神が生まれます。
穢れをすすいだ事によって新たに二柱の神が生まれました。

 

その後も次々と九柱の神が生まれます。
そして左目を洗うと天照大御神(アマテラスオホミカミ)が生まれ、
右目を洗うと月読命(ツクヨミノミコト)
鼻を洗うと建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)が生まれました。

 

これを三貴子(サンキシ)と言い、アマテラスは高天原を、
ツクヨミには夜の国を、スサノウには海原を治めるように命じます。
ここから神々の戦いや、いろいろな関わりが書かれることに。
そしてここから本来の神話としての物語が続き、
日本の天皇の祖先と言われている神々につながる壮大なお話が
始まるのです。

 

 

    None Found
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

フルファスト