タスマニアデビルのいる日本の動物園

82f272e9

 

 

タスマニアデビルというと名前のとおり、口を開いたときには
デビルそのものという顔立ちをしていますが、でもやっぱり
憎めないかわいい動物です。

 

 

今はタスマニア島だけに生息しているとのこと。
もともと古くはオーストラリアにも生息していたことが化石から
分かっています。
しかしヨーロッパ人が到達する前の14世紀終わりごろには
滅亡した生き物とのことです。

 

 

国際自然保護連合のレッドリストでは絶滅危虞として認定された
貴重な動物でもあるのです。夜行性に昼間や穴蔵や藪の中に
隠れています。

 

スポンサーリンク

日本の動物園にはいるのか?

 

 

夜になると餌を求めて15キロ以上移動することもあるという
習性の持ち主です。
キモカワイイと言われて人気のあるタスマニアデビルは
日本の動物園では唯一北海道の円山動物園にいました。
円山動物園とタスマニアと北海道が姉妹提携をした記念に3頭寄与
されたのです。
しかしそれも1988年のことで、今ではもう3頭とも亡くなって
しまっているため、今日本の動物園でタスマニアデビルを見ること
はできません。

 

 

タスマニア旅行の人気ツアーには、タスマニアデビルに会いたい
というツアーもあるほどです。
タスマニアデビルが絶滅危惧種になってしまったのは、
なんと顔面腫瘍が流行し、多くのタスマニアデビルにどんどん移って
しまったのです。

 

 

見ているだけでも辛そうで可愛そうな顔面癌は最近やっとワクチンの
開発も希望が見えてきているとのことです。
かみつくことでどんどん移っていったと言われています。

    None Found
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

フルファスト